« 悪魔城ドラキュラ Harmony of Despair (前編) | トップページ | Death X' mailes »

2011年12月19日 (月)

悪魔城ドラキュラ Harmony of Despair (後編)

次はDLCの紹介。

DLCはキャラが6体、ステージが5つ、BGM追加パックが2種類。

あとテーマやアイコンなどが配信されてます。

協力プレイしてる大半の人がDLCを購入してるので、

出来れば最低でもステージだけは揃えておきたい所です。

キャラ、ステージ、BGM追加パックを全て購入すると2800マイクロソフトポイント(以下MSP)

本体と会わせて4000MSPとゲームソフト約1本分並の値段になりますが、

その分遊べばいいだけの事です。

MSPはAmazonだと安く購入できる場合があるので、そちらで購入してみるのもアリです。

 

では、DLCキャラの紹介。

ドゥエリスト、シキソリスト、変態などと散々な呼ばれ方をしている有名なお方。

Julius ←ユリウス・ベルモンド(CV.稲田徹)

正統なヴァンパイアハンターの一族であるベルモンド家の末裔。

一族に伝わる退魔の鞭「ヴァンパイアキラー」を操る。

1999年の19歳のときにドラキュラを完全に滅ぼした唯一の男である。現在56歳(蒼月時)

登場作品は「キャッスルヴァニア 暁月の円舞曲」「悪魔城ドラキュラ 蒼月の十字架」

 

DLCキャラ第一弾。何気にベルモンド家1人目で、価格は240MSP。

ヴァンパイアキラーで戦うVK型キャラの一人で、マーシャルアーツの種類が2種類と少ないですが、

基本性能が高く、鞭の使い勝手が非常にいい(リーチが長い。上、斜めに振れる)ので

鞭を操るキャラの中では初心者向けです。

鞭の威力はサブウェポンのレベルを上げることで上昇し、種類も少ないので楽です。

シャノアのキルクルスの劣化版になりますが、鞭を磁石に引っ掛けてぶら下がり、

一部でステージのショートカットが出来るのも魅力。

そしてマーシャルアーツのアッパーで、他のプレイヤーを高い所へ上らせたり、

色即是空で避けにくい攻撃を避けたりもできます。

本当に使いやすいキャラです。自分もよく使うキャラです。

 

では何故変態などと呼ばれているのか…それはコレをご覧ください。

←ドゥエリスト

←シキソリスト

彼は特別な操作をする事で、このように変態的なキモい動きができます。

上記のドゥエリストは人力では不可能ですが、シキソリストは自力でできてしまうんです。

自分もシキソします。よく失敗しますが。

Coopではよく見かけます、主に変態的な動きをしている姿が。

 

ちなみに、オトメディウスXに登場しているココロ・ベルモンドは

ユリウスの妹か娘という設定になってるみたいです。

02_trailer_movie_57 ←中学一年生。

 

 

では次。有名な魔法使いの一族「ヴェルナンデス」の末裔。

Yoko ←ヨーコ・ヴェルナンデス

人間に害を及ぼす悪意の存在を秘密裏に処理するエキスパート。25歳(蒼月時)

FCソフト「悪魔城伝説」仲間の一人「サイファ・ヴェルナンデス」が生まれた家の末裔。

性格は人付き合いがよく、おせっかい。

登場作品は「キャッスルヴァニア 暁月の円舞曲」「悪魔城ドラキュラ 蒼月の十字架」

 

DLCキャラ第二段。価格は240MSP。

シャーロットと同じく、魔法を主体として戦う魔法系で、MP依存率が極めて高い、

通常攻撃はあまり使わないキャラです。

使える魔法は3種類だけなので、キャラの成長は早いです。が、

急降下キック無し、ジャンプ時に上と下に当たり判定が強くなるなどの弱点があります。

ちなみに魔法は極めると、ボスが蒸発したりします。(属性なども合わせるとですが)

ラジオチャットのネタ率は結構高め。

Coopでは少なめですかね?ヨーコは自分も使わないです。

 

 

では、次。最強のヴァンパイアハンター「ベルモンド」の男。

Richter ←リヒター・ベルモンド

悪魔城ドラキュラX 血の輪廻の主人公。19歳(血の輪廻時)

ドラキュラにさらわれた恋人アネットを探すためドラキュラ城へ挑む。

正義感の強い熱血漢で、曲がったことを嫌う。

出演作品は他にも、悪魔城ドラキュラX 月下の夜想曲、

悪魔城ドラキュラ ギャラリーオブラビリンスにも登場している。

 

DLCキャラ第3弾。ベルモンド家2人目で、価格は240MSP。

最強のベルモンドにふさわしく、攻撃力はヴァンパイアキラーを使うキャラの中では最高。

マーシャルアーツの種類も多く、サブウェポン育成もジョナサンの半分。

役に立つものが多いのはいいんですが、一部のコマンドが結構複雑なのが難点。

技を出そうとして敵に当たるのはよくある事です。

格闘ゲーム好きならオススメできるキャラだと思います。

Coopでも結構見かけます。自分はまだ使ってません。

 

しかしこのリヒターさん。

ラジオチャットは超うるさいんです。特にデュアルアタック時

←開幕からうっさいww

アルカード「リヒター」

リヒター「アルカァァドォォッ!!」

「「ブラッティクロス!!」」

熱血漢とはいえ、うるさすぎですw

 

 

ではお待ちかね。幼女。ロリ巨乳。兵器とか言われてる…

Maria ←マリア・ラーネッド(CV.斉藤千和)

ドラキュラに両親を殺された際、ヴァンパイアハンターとしての能力に目覚めた。

様々な動物達と共に戦い、朱雀、玄武、青龍、白虎の力を使った攻撃に優れる。

負けず嫌いの12歳。(血の輪廻時)

出演作品はリヒターとほぼ同じですが、

彼女は「悪魔城ドラキュラ 月下の夜想曲」では成長した姿で登場。

さらに「悪魔城ドラキュラ ジャッジメント」にも出ています。

02_2ジャッジメントの方は別人ですが。

 

DLCキャラ第4弾。価格は240MSP。

通常攻撃力はかなり低く、スライディングや急降下キックの性能も

他のキャラより劣ってますが、背が小さいので敵の攻撃をかわしやすいキャラ。

サブウェポンは使いやすいのが揃っていて、

聖歌はシリーズ伝統の名曲「Bloody Tears」のハミングにあわせて歌います。

マーシャルアーツは一種類だけありますが、使いづらいです。

方向キーを上に押しっぱなしにしていると「とぅっ!」といってポーズを決めてくれます。

ボス戦では苦労しますが、道中はサクサク進めるキャラの一人なんで、

最初はマリアで防具やお金集めをするのもいいと思います。

初期状態から使っても、なかなか使いやすいキャラだったんで愛用してます。可愛いんだもの。

Coopではかなり多く見かけます。突入したらマリア部屋だったなんて事も。

 

彼女が兵器と呼ばれる訳。

←マリア登場は7:50。本番は10:45から

リヒターよりも打たれ弱いですが、圧倒的な機動力、二段ジャンプ持ち。

ボスを瞬殺できるガーディアンズナックル。

カワイイと、いいとこばかりを持っていった狂った性能になってました。

「マリア兵器だもん!」(旧ドラミちゃんボイスで)

ちなみにHDでは中の人がまどか☆マギカのほむらです。

 

 

では次。もっとも有名なベルモンド。

Shimon ←シモン・ベルモンド(CV.無し)

ベルモンド一族で最も高名な人物。

1691年、悪魔城ドラキュラで、イースターに復活したドラキュラを倒すため

先祖伝来の聖なるムチを手に悪魔城へ向かう。

シリーズの初代主人公である元祖ヴァンパイアハンターです。

ドラキュラシリーズ以外に、様々なコナミ作品にゲストキャラとして登場しています。

 

DLCキャラ第5弾。ベルモンド家3人目で価格は160MSPと少し安め。

ほとんど元祖と似た性能です。2段ジャンプと急降下キックはありますが。

背が小さく、攻撃のスキも短いのはいいんですが、マーシャルアーツが無いのと

ラジオチャットでは無音なので、気づいてくれないことがよくあります。

何気に↓→+攻撃と入力すると、ムチから火の玉が出せます。通常攻撃からのキャンセル可。

サブウェポンのレベルが上がるにつれ、ムチの攻撃力やリーチも伸びます。

Coopで使う人はかなり少なめ。CVが無いのが欠点ですかね。

 

 

では最後。ドラキュラとは全く関係ない人が参戦。

Gepu ←月風魔(げつ ふうま)CV.なし

登場作品はコナミのFCゲーム「月風魔伝」

コナミワイワイワールド1.2にも登場しています。

 

DLCキャラ第6弾。価格はシモンと同じく160MSP。

通常攻撃は波動剣の斬撃と、刃から放たれる念動波がセットになっていて

サブウェポンのレベルが上がると攻撃力も上がり、念動波の飛んでいく数も増えます。

しかし、念動波の威力は低めなので、敵と密着して波動剣で斬るのが主な戦い方になります。

サブウェポンは3種類と少ないので、成長はかなり早いです。

シモンと同じく背が低く、CVが無いのでラジオチャットに気づかれないことも多め。

Coopではほとんど見かけません。キャラ性能はそこまで悪くないんですけどねぇ。

 

ちなみにオトメディウスXでは、一族の末裔と思われるキャラ、月士 華風魔が登場しており、

さらにはDLC追加ステージでは、8Bitの風魔が敵キャラとして大量に出てきますw

20100611021431984 ←月士 華風魔さん。

何やってんすかご先祖様ww

 

これでキャラは全部です。

お気に入りのキャラがあれば購入してみるのもいいでしょう。

購入してないDLCキャラは黒いアックスアーマーで表示されます。(X360版のみ)

追加ステージは、ギャラリーオブラビリンスからピラミッド(7章:美貌と欲望と絶望と)

月下からは地下エリア(8章:多くにして、一つなるもの)と開幕のドラキュラ城(9章:蝿の王)。

あとは初代ドラキュラステージ(10章:全ての始まり)と、

月風魔伝ステージ(11章:月風魔伝)があります。

蝿の王では移動速度が最大まで上がるソニックブーツ、全ての始まりと月風魔伝では

強力な武器防具が手に入るのでオススメです。

まぁ全部買っておいて損は無いでしょう。

←ステージを購入すればこのBGMも追加。

 

追加BGMパックについてはこちらを参照。

←名曲揃い。

特にBGMパック2はオススメです。

これは好みで購入すればいいでしょう。

 

 

ドラキュラHDの魅力はなんといっても協力プレイ。

真面目にドラキュラを倒しに行ったり、レア武器防具を探したり、

飛び交うラジオチャットや変態的動きをするユリウス、うるさいリヒター

マリアをペロペロする変態蒼魔、マリア6人などカオスな楽しみもできますw

←ラジオチャットネタまとめ

←マリア6人部屋。

←変態6人部屋。

 

 

と、こんな感じなゲームです。

自分の累計プレイ時間は200時間ほど。まだまだ集まってない武器など沢山あります。

大体深夜か、朝~昼にかけてINしてますので見かけたらヨロシクです。

んでは、今回はこの辺で。

 

 

ぇ、バトマス攻略?

データ間違って上書きしちゃったんで一気にやる気が…そのうちやろうかと思ってます。

|

« 悪魔城ドラキュラ Harmony of Despair (前編) | トップページ | Death X' mailes »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 悪魔城ドラキュラ Harmony of Despair (前編) | トップページ | Death X' mailes »