« 2016年6月 | トップページ

2016年7月

2016年7月 4日 (月)

PSO2で城プロ「福岡城」

それでは5人目。
約一年近い休止から復活したあのブラウザゲー、御城プロジェクトから…

Pso20160704_190525_002
「あっ、お仕事なの?ダンス?撮影?」

ふっく~こと福岡城です。
お気に入りのキャラだったんで勢いで作成した記憶があります。

Photo
元絵がこちら。
色々と足りない部分がありますが、アクセ枠の関係上これが限界。では解説を。

Pso20160704_190631_003
今回はデューマンで作成しています。
ヒューマンだとここまで肌の色が白くできないもので…
顔は安定のスッキリ顔。できるだけ元絵に近づけるように
髪型はキジカヘアー、瞳パターンにはマンガ風瞳を使用。
まゆげはストレートまゆC、まつげはイラストまつげB 黒を使ってます。
過去に配信されたFUN品のみで構成してますが、再販されてないのもあり
一部お高いものもあります。

Pso20160704_190728_004
顎の調整はふっくらさせつつも▽気味に。
瞳はかなり大きめにしてありますが、違和感が出ないように調整しています。
鼻と口は適当に。角は隠すように調整です。

Pso20160704_190907_005
衣装に関してはピッタリな物があったのでこれを採用。
アクセ枠は4枠びっしり埋まってますがこれでも足りません。
首の部分には違和感を減らすようにフォトンマフラー 赤を使用してます。
では残りの3つは…?

Pso20160704_191200_008
はい、帽子と髪型です。
エクステもみあげは角度や大きさを調整することで、
上のSSのようにくせっ毛を作ることができます。
アクセ調整のアプデがあった時、この方法を用いたことで
作れるキャラがドンと増えたんですよね。

Pso20160704_191144_006
そして帽子。
福岡城の帽子はかなり特殊な形状になっており、これを再現するために
二つのアクセサリーを組み合わせることで1つのアクセサリーを作る。
といった、特殊な方法を使用しております。
カムイズキン紅殉教者の帽子を使用し、角度と大きさを調整することで
いい感じに組み合わさり、この帽子を作成することができました。
この技は仮面ライダーガンダムなどの
複雑なパーツを持つキャラ達を再現するのに恐らく必須だと思われます。
覚えていて損はないはずです。

この複数のアクセサリーから一つのアクセサリーを作り出す技は、
武装神姫ジオラマスタジオをやっていた方々には重宝した技の一つだと思ってます。

Pso20160704_200529_020
「連射!鶴千声!」

クラスは意外にもBr(弓)/Raでやってます。
福岡城の武器は、REになる前は中筒(鉄砲)、REからは石弓(弩)になっているので
案外Ra、Br(弓)どちらでもいけそうですね。
Raをやるならライフルで結構に多様な形状の武器があると思います。(オフスとか)

ここからは余談。

福岡城のよく言っている「ゾンターク」は簡単に言うと休日って意味です。
あと、城プロには城娘の私服姿も存在しますが、こちらは再現しておりません。
なので代わりに色々な福岡城を載せて、今回の記事を終わりたいと思います。
Photo_2←福岡城改壱。少し豪華に。
Photo_3  ←私服Ver。
Cdn63atwikiimgcom←御城クエストの福岡城。こっちは刀ですね。

では、今回はこの辺で。

| | コメント (0)

« 2016年6月 | トップページ